脱毛の方法は種類が豊富!まずは情報収集を

レーザー脱毛は波長の長さで特徴が変わる

レーザーを肌に照射する脱毛方法は、ムダ毛に大きなダメージを与えることができます。レーザー脱毛マシンの1つ、アレキサンドライトレーザーは波長が短いという特徴があります。そのため、ムダ毛を処理しつつ、肌の表面に影響を与えることができます。この結果、シミやそばかす、ニキビ跡を薄くしていけるのがメリットです。これとは反対に、YAGレーザーという脱毛マシンは、波長が長いという特徴があります。肌の表面へと与える影響が少ないので、日焼けの色が濃い人でも施術ができるという特徴があります。ダイオードレーザーは2つの中間ほどの波長で、日本人のムダ毛の状態や肌質に最適というメリットがあります。濃いムダ毛と産毛、両方をケアすることができるので、全身脱毛にも向いています。

フラッシュ脱毛は、肌ダメージが少ないのが魅力

レーザー脱毛と比較して肌のフラッシュをあてる脱毛方法は、施術時の痛みや肌負担が少ないというメリットがあります。さらに、SSC方式の脱毛は、フラッシュを放射する前に、ムダ毛の成長を抑える専用ジェルを肌に塗ります。ジェルに含まれている成分を毛穴から奥に浸透させていくので痛みがほとんどなく、敏感肌や日焼けをしている人でもチャレンジしやすいのが利点です。フラッシュ脱毛では、SHR方式というものもあります。通常、脱毛施術はムダ毛に含まれているメラニンにダメージを与えますが、SHR方式はムダ毛周辺の毛包という皮膚に刺激をあたえます。ですので、毛周期の影響を受けず、2週間や1カ月に1回という早いペースで脱毛を進めることができます。

渋谷で脱毛を考えているのなら、美容クリニックのレーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛のどちらにするのかという選択肢から決めることが必要です。